読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな人に好かれないならモテているとは言わない

クズだから今日は昼から蕎麦屋でお酒を飲んだ。

な〜に、一杯だけさ。

どんなお店に入っても

ついついお酒を頼んでしまう…。

小さいときは、悪い見本がすぐ目の前に居たので

そんな大人になるまいと思っていたのに

なった。

みごとに成った。

でもいいんだ。独身なんだから。

家族が居たら、こどもが居たらこんな事はしない。

いいんだ。

そんな生涯独身、孤独死確定の私に

イケメンのぼうやが

「俺のこと好きになって?」「結婚する?」「結婚しよ?」いっぱい話しかけてくる。

十歳も年下のぼうやが。

もう、やべーよ。

手出したら犯罪なんじゃねーかとヒヤヒヤするよ。

出さないけど。

「小学生の時にムシキング流行った」とか聞いてゾッとしたよ。

オメーが小学生の時私は大学生だよ、

大学生の時に

きょうびのこどもたちはムシキングなんてやってんのか〜へぇ〜なんて思ったもん。

そんなぼうやに「そういうとこ好きだなぁ」「可愛いなあ」とか言われても

…………………いや、あの…う、うん…。

あ、ありがとう…。としか。

なんていうか、

私が成人したときにお前まだランドセルだぜ!?という気持ちが拭えない。

平日の昼間から蕎麦屋でお酒飲んでるクズだけど

ショタすぎて不可能。

むり。

ていうかまず、男の時点でむり。

十歳年下の女の子だったらもしかしたら手を出してたかもしれない。

いやいや、

きみにはまだ未来がある。

こんなクズポンコツHYDEやめとけ、と。

そんな気持ちです。

だが

何故か知らないが

今現在、三歳年下の野郎と

一個上?か同い年?の野郎にも

飲みに行きましょう(2人で)と誘われている。

どーしたの。

ほんとに。

急にどーしたの。

私そんなアクティブじゃないよ。

漫画読んで寝ていたい。

うう

めんどくさい

いきたくない

めんどくさすぎて

「お金無いから行きたくないです。時給発生するなら行きます」と言っておいたら

時給出すから行きましょうとか言ってくる。

なんだそれ

もはや売春寸前なんじゃないのかそれは。

厄払い的な気持ちで

髪の毛をまたばっさり切ってしまいたいと思っています。

ショートにしたい。

今、ツートン?グラデーション?みたいな色調だけど

金髪部分切り落として

黒髪のショートカットにしてしまいたい。

田嶋陽子と同じ髪型にしたい。

本当は髪長いのが好きなんだけど

もうイライラしてどうしようもなくなってきた。

田嶋陽子になりたい。