読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年寄りのうそ

自分の子供に愛情を受けたいから平気でうそをつき出す。かわいそうに幼い頃の習性が直らない。

あそこがいたい、ここがいたいといえば、母は気にしてくれるのが普通ですが、普通でないといたくもないのにいたいといいだす。

言い出したらあとがひけなくなる。

年よりは足が不自由になると

人前で足をひきずったりもします。

兄弟姉妹に車で買い物に連れていって欲しいから「おにいちゃんにいってもらえない」と妹にうそをつきます。

かわいそうに。妹に来てもらいたいがためでしょう。

たとえばの話ですが。

事実は孫まで一緒に長男に買い物に連れていってもらっていました。

年寄りのうそは悲しい。

悲しませないように愛情を向けないと母が子供を産んだ甲斐がない。甲斐がなくなるような向き方は悲しい。

回数より心の向きを失ってはならない。胸騒ぎを失ってはならない。