読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェルノブイリ福島老人失敗

earthun2000 (以下NHK日本放送協会、引用)旧ソビエトチェルノブイリ原子力発電所の事故対応などを視察、東京電力福島第一原発2011年3月の対応では、事故で溶け落ちた燃料と構造物などが混じった燃料デブリの取り出しを、計画どおり優先。ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所と、原発からおよそ4キ口離れ、原発事故のあと、すべての住民が避難を余儀なくされた町、プリピャチ。チェルノブイリ原発では、1986年に試験運転中の原子炉が爆発し、その後、爆発した建屋は核燃料が中に残されたまま「石棺」と呼ばれるコンクリートなどの建造物で覆われました。しかし、老朽化で放射性物質が拡散するおそれが出たため、去年、建屋を覆う鋼鉄製の構造物が完成しましたが、廃炉のめどは立っていません。石棺を建造したことで、燃料デブリの様子の把握が困難になったなど「こちらは、コンクリートを流し込みながら石棺化した結果、燃料デブリを長期間にわたって放置せざるをえなくなり、追加の対応が必要となった。われわれは、燃

デブリを取り出す方針で進めていかなくてはならない」チェルノブイリの教訓も生かし、計画どおり、第一原発では、国と東京電力は4年後の2021年までに燃料デブリの取り出しを優先。