読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胃カメラ

横浜市の健康診断とガン検診を受けた時、バリウムで胃を見た先生から「気になるといえば気になる出っ張りがあるので一応念のため胃カメラ飲んでおきませんか?」と言われ、軽い気持ちで飲んできました。

看護師から「若いかたは鼻から入れますが、喉からで良いですね。」と軽く傷つきながらも言われるがまま喉から。

喉の麻酔をしていても、カメラが通過する時はキツいですね。

カメラを一旦奥まで入れて、モニターを見て医師が色々説明しながら抜いて行きます。

どんどん抜いて行くのですが、徐々にバリウムの時に気になった場所を通りすぎでしまったのではないか?と不安になり始めました。

その時と違う先生なので、もしやちゃんと伝わってないのでは…。

抜いたあとまた入れる辛さを考えるといてもたってもいられず、おもわず手を上げてペンで字を書くジェスチャーをしました。

一瞬の沈黙のあと、医師と看護師が大慌てで紙と鉛筆を渡してくれました。

まさか胃カメラを飲んでる患者から筆談を要求されるとは思ってもみなかったと思います。

事情を書いて伝えた結果「もちろん解ってますよ。」でしたが。

検査結果も問題なしでした(^^)

あ、看護師さん、意外と若いでしょ?笑