読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稽古日記 その七百六十一

武道場名物(?) 元気なババァ達の一人であるMキさんと、練習が一緒になるのは久し振りかも

同じ日に来てても時間ですれ違うことも多いので、顔は見ててもって言うのは結構あります。

彼女も今度の土曜日の試合に出るので、団体戦は無いけれど、意気を合わせておくと気持ちが落ち着くし、良い緊張感が持てる気がします

O本先生が試合に向けて、型と組手と両方やってくれました。

時間が短いので、どちらもざっくりとと言えばそうですが、あまり細かいことを言われても今更なので、この位が追い詰められなくて良いかなぁと思いました。

気をつけなければいけない事は、ほとんど頭に入ってるので、あとは練習する場と、微調整や発破をかけてくれる言葉が重要みたいです。

…こんなこと思ったの初めてかも

今までだと落ち込んでたことが、素直に染み込んでくる気がします。

緊張と嫌々が常にセットだった私には、こんな心境は初めてなので丁と出るか半と出るか分かりませんが、良い方に出れば、大きな成長だと思います