読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流星ひとつについて

沢木耕太郎の「流星ひとつ」についてですが、山田詠美さんの作品に出てくる、アニーとカミカゼ

やろうとして失敗してるだけのように感じます。

沢木耕太郎って、どうやっても「男」にはなれない、おポンチなひとだから。W

ニューヨークという舞台がびんぼうくさくなってるし、どうやっても、沢木と彼女じゃねえ。

「昭和枯れすすき」というのがお似合いよ。W