読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分が見た夢

現実では知らない女の子が教室に居て

その子とは夢の中ではとても仲良くて

だけど体の弱い子で、その子は病気で亡くなった

その子は友達や家族に手紙を残した

どれもこれも感謝が綴られてた

そして「メメタちゃんは◯◯と一番仲良くしてくれたよね。本当にありがとう。◯◯もきっと喜んでると思うわ」と亡くなった女の子のお母さんから手紙を渡された

だけど、自分の手紙だけ内容が違った

血で削られたような赤くて掠れた文字で

「お父さんもお母さんも

誰も気付いてくれなかった

死ぬのは怖くてたまらない

毎日毎日不安でいっぱいだった

笑ってるのも辛かった

だけどメメタだけは私の気持ちに気付いてくれた

私の味方だと思って嬉しかった

みんな許せない みんな嫌い

メメタなら一緒に死んでくれると思ったのに

何で一緒に死んでくれなかったの?

裏切り者 許せない

ねぇ、何で私1人で死ななきゃいけないの?

死んでよ ねぇ

死ねよ

死ね死ね死ね死ね死ね」

この手紙を読んで

恐怖で心拍数が跳ね上がった

「なんて書かれてたの?」と親御さんに聞かれてたけど

コレを見せたらきっと

みんな傷付くし不安になると思って

「みんなと同じような事が書いてありました」と

笑ってごまかしてるとこで起きた

起きたら変な汗ビッチャリかいてた

普通に怖かった(ノ)・ω・(ヾ)笑