読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行ってきました♪Uriah Heep Session♪

初めてああしたセッションイベントに参加しましたが、いやあ、楽しいもんですね♪

みなさん、一様にHeep愛に溢れた方たちで、全23曲、それぞれみな楽しかったです。

また、ベテランぞろいでしたので、演奏の方も実に見事。

どの組み合わせも、これで初めての手合せなのか?^^;と驚かされましたわ。

さて、私の歌った3曲について、すこしおさらいしておきましょう。

?Weep In Silence

イベントのスタートを華々しく飾るバラードw

始まるまでは、『う〜ん、バラードだし、どうやって盛り上げようか?』

などと若干悩んだりもしていたのですが、

いざ、演奏が始まり、特にイントロでギターが泣き始めると、

もう私の闘魂には、すっかり火が点いておりました

(特にお願いした訳ではないですが)

スタジオ盤よりも、少しテンポを速くしてもらった甲斐もあり、

我ながら、口開けとしてはまず充分の熱い歌唱が披露できたものと思います。

?Circle Of Hands

これも重厚なスローテンポの曲なんですけど、

いやあ、これは乗った乗った。

わたくし、大いに乗りまくって、最後の方は叫んでましたわ^^;

実は、最初の部分だけは、

スタジオ盤のように、優しく歌おうと思っていたんですけど、

もうイントロから乗りまくってしまって、

『やっぱヤメw』とばかりに、

最初から声高らかに歌ってしまいました。

もっとも、私、楽しすぎてこの時点ですでに結構飲んでたんですよ^^;

それもあってのことだったと思います^^;

演奏後、聴き手の皆さんから温かい拍手があり、

また、同行者からも、『(最初のより)こっちの方が良かった』との声。

まさしく、当夜の私のハイライトであったことは間違いないでしょう

?Sweet Lorraine

ようやくLive向きのロックンロールナンバーです。

すでに?で完全燃焼状態になっていたのと、

さらに酒が進んでしまったこともあり、

これの歌唱はきっとイマイチだったでしょうけど、

これも(私は)大いに楽しみましたよ♪

何と申しますか、バンドで歌っている楽しさを満喫できる曲だったな^^

私自身も、この夜3曲目ということで、

若干気持ちにゆとりが生じたらしく、演奏を感じながら、

歌っている自分もパーティーに参加した一人って気分で歌いました♪

お店のマスターからも、

『次は是非70年代ロックセッションに来てくれよ』

と嬉しい言葉を掛けて貰ったので、

その機会には、是非またノコノコと出掛けて行こうと思ってます♪

唯一の後悔は、飲みすぎちゃって家に帰れなかったことw

世の中は今日からいわゆる新年度ってやつなのに、

何やってんでしょうね^^;お恥ずかしいですな^^;