読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7597

今日は、鼻が腫れ上がった人を見た。大きめのバナナみたいな形の、上に反り返った赤い鼻で、そうそう、ピノキオというお話があったと思うのだけれど、まさにそんな鼻だったな。痛いというので、どうしたものか、と触ってみると、とても熱い。ああ、炎症を起こしたのだな、と、「虫に刺されませんでしたか?」とか「掻きすぎたりしませんでしたか?」とか、いろいろ〜

みたいな話を子供たちにしてみようと思う。

4月1日だしね。

継続したい習慣

SNSやduolingoの前に、evernoteをひらく

・食べ過ぎに注意する

・アソコのお菓子を食べない

・子供を褒めるときは、能力を褒めるのではなく、努力を褒める

(反射的に褒めない)

・鼻を触りすぎない。(風邪ウィルスが入らないように)

・姿勢を正す(左上肢のしびれは頸椎症の可能性あり)

今日の引用

棋士は一般的に扇子を持って将棋を指します。谷川名人の場合、「ここぞ」というときには右手に扇子を持って考えます。これには理由があって、利き手である右手に扇子を持つことで、瞬間的に軽はずみな判断で次の手を指す(これを将棋界では「手拍子で刺す」と言います)可能性が低くなるからだそうです。