読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017J2リーグ第4節 名古屋グランパスvs.水戸ホーリーホック

を観戦。

久しぶりのスタジアムは気持ち良かった。

水戸は福井、林と元ヴェルディ戦士が頑張っていて嬉しかった。二人とも去年のヴェルディにいてくれたら、勝ち点が10くらい上になったと思う。特に、センターバック井林のパートナーが決まらず悩んだなら何故キローラン木鈴や福井を切ったのかと今更ながらより一層思う。FWもドウグラス以外に空中戦で頑張れる人がいないんだから。ヴェルディユース出身の林なら、きっと上手くやれたはず。

まあ水戸は、今年も残留争いだと思う。それでも今日の戦い方を見る限り、残留すると思う。

名古屋は、今日は個人の力で勝った印象。実力差がかなりあったから、あまり参考にならない。ただ、戦力が噛み合うまで時間がかかるなら当分は「戦術シモビッチ」で行くのも悪くないかなと思う。彼にボールをひたすら放り込んで、彼がそのまま決める、またこぼれ球を佐藤や玉田が決める。単純だけど意外に効果的。特に相手がゴール前に張り付いている時は。

そういう意味では、日本代表にも大いに参考になる試合だった。「つまらないサッカー」かもしれないけど、UAEやタイには一番効果的なサッカー。大迫以外にも、こういうタイプのFWを呼ぶべき。

最後に、名古屋では元ヴェルディの小林と杉本がベンチ入りしてた。小林は副キャプテンだし、今後も出番はあると思う。でも杉本は…。同じポジションにシモビッチ、佐藤、玉田、永井と強力すぎるライバルがズラリ。このままだと今シーズンは「出番なし」で終わる。それを防ぐには、道は二つ。移籍かコンバート。個人的には持ち前の運動量やドリブルのセンスを活かして、サイドバックをやると面白いのではと思う。平本や高木大輔の逆。またかつての北澤みたいに、中盤のバランサーになるのもいい。いずれにしても、「FW杉本」は現時点での名古屋ではノーチャンス。何か変えないと。ヴェルディ時代は町田へのレンタルが一つのきっかけになった。今回もそういうことが必要かなと思う。